[スポンサードサイト]

02 最初の大腸憩室炎 2 静かに回復


発症から8日目

徹夜の仕事を終えました。

朝までに2~3回痛みが来たましたが、頻度は減ってきています。おそらく抗生剤が効き始めたのでしょう。

仕事先から、大事を見てタクシーで帰ります。贅沢な気分です。早朝の都心から逆方向ということもあり、空いています。

その後風呂に入り、眠ります。

夕方薬を飲み、再び寝ます。

夜目が覚める。一度も痛みを感じませんでした。左下腹部を押さえても痛みがありません。一旦起きて飴をなめたりします。

相変わらず便意はありません。数日前から一度も便通がないことになります。

再び就寝。


発症から9日目

朝目覚めましたが、一度も痛みは生じませんでした。昨日同様、左下腹部を押さえても痛みはありません。やはり、治りかけているのでしょう。

1時間ほどで久しぶりの便通。しかも、ちゃんとして便がでました。トイレにいってこんなに嬉しい気持ちになるのって初めてです。とにかく嬉しい!!!

10時に胃腸専門クリニックに。

先生からは「今回はこれでおさまったと見ましょう。が、何か変化があったら、すぐにきてください」との事。そして、本当の原因をさぐるために内視鏡検査をしましょうとの提案。もちろんぜひにとお願いしておきます。

前回の血液検査の結果ではあきらかに炎症のサインが出ていると説明してもらいます。はたして大腸憩室炎なのか、ガンなのか。

この日も採血した上で、内視鏡検査の予約と説明を受けて来たくします。

この日はようやくおかゆを食べることが許されました。


[スポンサードサイト]


    inserted by FC2 system