[スポンサードサイト]

03 原因不明の腹痛


最初の大腸憩室炎を経験した(まだこの時点では結論は出ていないのですが)同じ月の後半、朝、みぞおちの痛みで目が覚めます。

間欠的な痛み。ぐーっと胃を手で絞られている感じがします。

起きてあわててネットで同じような症状をチェックします。出勤前のKAY1(医療に詳しいのです)も「これがもう少し上ならば心臓、下ならばまた別の病気を考えるけど…」。

彼女の見立ても急性胃炎。その後しばらくベッドで横になりますが、痛みはおさまりません。また、今までも時折、大量のゲップとともにみぞおちが間欠的に痛くなる症状があり、今回もそれに似ています。が、痛みがより強烈なんです。

仕事場の近くのクリニックに足を運びます。前回、腹痛を最初に見てもらった病院です。前回の医師と同じで、お腹を押さえてみるのですが、押さえた場所に痛みはありません。さらに、聴診器で「胃がぐるぐると音をたてていますねぇ。」ということで、胃炎という診断となります。ガスターDとムコスタをもらって飲むことに。

その後、昼は自主的に絶食してみました。が、痛みがいっこうに治まらず、結局早めに仕事を切り上げます。

さらに夜も絶食し、ベッドに横になるのですが、痛みが間欠的に襲ってきます。夜中も痛みで何度も目が覚めます。結局朝の5時過ぎに、いったん収まり安心するのですが、8時に起きてみるとやっぱり痛いのです。

おかしいなぁ…。

そしてトイレに立つと…。

「!!!」

なんと、尿がピンクなんです。こんなオシッコ見たことない!

ビックリ仰天して、あわてて例の胃腸専門クリニックに。

お腹を押さえて痛みがないということもあり、ドクターも「何でしょうねぇ?」。

ただ、尿の件があるので、尿検査をしてもらいます。朝出したばかりなので、気張って頑張ってみます。でも、出そうとしても出ない物はでないんです。ところが、思い立って、大事なモノのいろんな箇所を優しく刺激してみます。その結果、面白いモノで、刺激すると出てくる場所を発見!人体の不思議ですねぇ…。

尿検査の結果、出血がありました。

さらにレントゲンも撮ります。そちらは異常ありません。

「前回からの流れで考えてみると結石の疑いがあるんですよ。エコーのある同じ市内のKクリニックに紹介状を書きましょう。いまから行ってください。」

最後に、Kクリニックで受診したあと、何か打ち返しをする必要があるかと尋ねると、その必要はないようです。

さらに看護師さんが「先方でも尿は取られるはずだから、途中で出さないようにしてください」と有益なアドバイスをもらいます。そこで、いそがずゆっくり、電車も何台かやり過ごし、途中で水分を補給しながらKクリニックへ向かいます。

到着してみて気づきました。以前、このクリニック、先生があまりにも無愛想で、ヒドイ思いをしたことがありました。ただ、今回は曜日が違っていたおかげで、別の先生。ま、この人も無愛想でしたが…。で、最初に検尿、やっぱり。

一応、出るかなぁと不安を伝えますが、こちらの看護師さんはそんな事情は知らないので、威勢良く「最初の尿はとらないで、中程の尿をとってくださいね!」

出るわけがなく、さきほど世界的な発見をしたあの場所を刺激して、ようやく10mlほど出すことができました。

診察室に腰掛けてドクターと話します。年配のドクターで貫禄十分。でも、対応はつっけんどん。で、レントゲンの結果、異状なし。尿も潜血を認めず。「じゃ、エコーやります」ということで、すぐにエコーをしてくれましたが、結果も白。

「腎臓、綺麗。問題なし。ま、こうなると胃でしょうね。胃薬飲めば治るよ。ガスターとムコスタもらっているならそれ飲んで」

で、お終い。

というわけで、時折お腹を押さえながら帰宅します。この症状、一体何なのでしょう。結局、ネット情報を見れば、よく言われるストレスによる急性胃炎というのが一番妥当なところでしょう。確かにこのところストレスだらけの生活ですが…。

その後、KAY1と話していて幾つか気付いた事があります。一昨日の朝、実は排尿の時にスルドイ痛みがあったんです。もしかして、実際に結石があったんじゃないでしょうか。以前も結石寸前の状態を人間ドックで指摘され、その後、今回と同じような痛みを感じた後、再度検査をしたら、できかけの結石が無くなっていたことがあります。

結石、大腸憩室炎(疑い)、急性胃炎とたまたま重なった結果が今回の一連の動きなのではと思い至ります。であれば、そう心配いらないことになりますが…。いずれにしても、とりあえずは明後日の大腸内視鏡を待つしかないでしょう。

ちなみに、翌日、眠れないほどではなくなりましたが、痛みが時折訪れました。ただ、ゴムのキツいスウェットやパンツをおろして下半身裸になるとかなり楽になります。下腹部の締め付けも関係しているのかもしれませんねぇ。


[スポンサードサイト]


    inserted by FC2 system