[スポンサードサイト]

13 2度目の大腸憩室炎 7 バリウムをどうする?


6日目

朝、7時。薬を飲むために起き出します。痛みはかなり治まっています。時折間歇的にくるのですが、それほど痛いわけでなく、張った感じが不快。

尿は再びピンクに近い色になっています。熱もまだ37度1分。そろそろ治まってくると思ったのに一筋縄ではいきませんね。

そこで、仕事はあきらめ、再び寝ます。ところがここで意外な展開。もう終了していたと思っていた住居である集合住宅の修繕工事、大きな音のする作業が今日は再開。これはたまらん、と起き出して、仕事します。例のムーベンに限りなく近い味のOS-1を飲みながら。

で、突然、ふと気付きました。来月、毎年恒例の人間ドックに行くことになっています。胃の検診でバリウムを飲むけれど、あれって、すぐに固まってしまいますよね。まさか、憩室にとどまって固まるってことはないのでしょうか?

で、調べたら何と、そういう実例があるんです!しかも、それが元で、炎症、そして穿孔が…という症例も出てきました。実際製薬会社のWEBで確かめてみると、現在、大腸憩室炎はバリウムには禁忌ではないものの慎重投与の対象になっているのです。うーん、どうしましょ?これも今度病院にいったら確かめてみますか。

さて、午後、いったん熱が36度7分に下がります。やった!炎症は抑えられつつあるようです。

ところが、夕方には再び7度2分まで熱上昇。うーむ。油断禁物。ただ、痛みはほぼ消えた感じです。


[スポンサードサイト]


    inserted by FC2 system